足あとライン-1.gif


顔-1.gif 顔-2.gif

2007年、6歳のネオと5歳の海里にちょっと変化がありました。

ネオは軽い発作が起こるようになりました。
一番最初は6月。
息が荒くなりよだれが出て、後ろ足あたりが硬直してしまう。
この初めてを含め半年間に4回ほどの発作。
頻繁ではないし、意識が無くなることはないのでまだまだ軽い症状です。

海里は膀胱に石を発見!
レントゲン・尿検査を定期的に行うことに...
そして、今以上に石を増やさぬように、
予防食(PHコントロール)を続けていかなければなりません。



2008年はネオも海里もこれといった症状もないまま
仲良く元気に暮らしていました。
2009年2月、3匹目のワンコ・トトが来てまもなく
海里に『気管虚脱』という病気が見つかりました。
病気が見つかってからひと月ほどはとても落ち着いて、
ずーっと、このまま、
過ごして行けるような気がしていたのですが...
4月に入り悪化。  最悪の状況で東京へ。
2009年4月15日 <海里・7歳の誕生日の5日前> に
アトム動物病院米澤先生
気管虚脱 の手術をしていただきました。


足あとライン-1.gif




2009年04月20日

7歳



入院中ですが、

海里は東京で7歳になりました。


元気になって帰ってきてからお祝いしましょ♪


posted by いとっち at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 海里の気管虚脱のコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

手術の日



今年初のイベントのお仕事。

朝早くからバタバタして、
にぎやかな会場で過ごしていても、
やはり手術の時間が近づくとドキドキ。

午後1時頃ってちょうど少し混雑なくなる時間。
時計が気になります。

先生にはイベントが終わる4時頃になって、
こちらから電話を入れるとお約束をしてました。

でも、3時半頃に先生の方から携帯に
「無事終了」のご連絡を頂いて、
にぎやかな会場の中で、
更にドキドキしていながらも「ほっ。」として
先生に感謝の気持ちでいっぱいになっていました。



ざわついた場所での会話だってので、
夕方になってこちらから電話をしてみました。


かなり重症だったようで、
「よく来ることができたね」と先生。

虚脱している部分も長かったようで、
一度の手術で治しきれない、届かない場所もあるようなのですが、
どうしても2度目の手術が必要というほどでもないけど、
なんたって遠いから・・・と先生を悩ませてしまっているようです。



このまま、一度の手術で済めば、
本格的なGWの前に迎えに行きます。


posted by いとっち at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 海里の気管虚脱のコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

東京へ



13日、東京へ出発する直前の海里。

ヘタッとすぐに横になってしまいますが、
昨日までと違って少しはウロウロとできるようになりました。

量は少ないけれど、ネオとトトと同じ時間に
ゴハンを食べられるところまで快復して、
これなら何とか東京へ行けそうです。

04-13-1.JPG

酸素ボンベと、安定剤、咳止め、
小さなキャリーバックの暑さ対策の保冷剤を持って、
カシオペアで東京へ。

04-13-2.JPG

静かに寝てくれて…動く元気がなかったのかもしれないけれど、
持ち込んだ酸素も安定剤も使うことなく、
大人しくしてくれて助かりました。



14日の海里。

音にも揺れにも負けずに、朝を迎えました。

04-14-1.JPG

04-14-2.JPG

10日の入院の際の点滴の針も刺さったままの姿で
17時間揺られて過ごしましたが、無事に東京に着きました。


ココが海里の手術をしてくださる米澤先生の病院、
アトム動物病院です。

04-14-3.JPG


明日は外せない仕事があって、
海里をお預けしてすぐに、
今度は飛行機でとんぼ返り。

でも、先生のお話を伺って、
預けてすぐ帰るコトにも全く不安はありません。


明日の午後1時から手術です。






「気管虚脱」と言われた時、
海里の命がそう長くは無いと聞いて泣いていた293。
入学から1週間も経たない今日は自分でお弁当を作って
学校へ行きました。

すっかり痩せてゴツゴツした身体・苦しそうな咳。
ふと止まってしまいそうな細い息で
酸素の部屋に入っている海里を見て
ポロポロ涙をこぼしていた773は、
休みを調整してネオとトトを見ていてくれました。


突然の“東京” 海里のために協力してくれました。





帰りの飛行機に“使う者がいない酸素ボンベ”を
持ち込むコトはかなり厳しいようなので、
長旅JR用のトイレ(ケージ)とキャリーバックも一緒に
病院のご好意に甘えて預かっていただきました。


posted by いとっち at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 海里の気管虚脱のコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

4月になって...悪化から手術へ



ずいぶんと落ち着いていて暮らした3月でした。

気管虚脱のコトは忘れてしまいそうになるほどに

静かに元気に過ごせていて、

心配は騒ぎ始めた“石”の方に移っていました。

この先2月22日のような苦しい状態にはならないのではと、

そんな風に思っていたくらいでした。

“気管虚脱”といわれた時にネットで検索して知るコトとなった、

“手術”のことも、もう必要ないような気になっていました。


ところが4月になって咳が続き、

少し痩せた海里が咳き込むと後ろ足がクッと浮く感じで、

とても、とても、苦しそうで...

減らす方向でいたお薬を元に戻し、5日・6日は注射に通いながら、

また“手術”を考え始めていました。

この病気と手術についてブログに書かれている チー&シフォンママ☆ さんに

ご相談のメールを出したのもこの頃。

「レントゲンを送って相談だけでも」という チー&シフォンママ☆ さんからの返事に

思い切ってアトム動物病院の米澤先生に電話を掛けました。



まずはレントゲン撮って送る!

手術の適応であるかどうかを判断してもらおうと決めた矢先に海里の状態が悪化。

8日の夜にはまた夜間病院に駆け込む事に...

注射・吸入で咳を止めてもらいましたが、

2月に診ていただいた時よりもかなり痩せているというコトで、

体力が持たないかもしれないと、

はっきりと言葉にはしませんでしたが、

いつ呼吸が止まってもおかしくないくらいな状況のようでした。


この日診察してくれた女の先生は

とても親切に分かりやすく海里のことを説明してくれました。

2度目というコトで、病気についてもある程度の知識も得て、

私たちも落ち着いて説明を聞けたということもあるのだと思いますが...


深夜2時半に帰宅。

パパさんはソファー、ワタシはリビングにさらっと布団を敷いて、

海里の咳を聞きながら、聞いては起きて、

酸素を調節しながら朝まで過ごしました。


一夜明け、海里の咳は治まったものの、

本当にグッタリで、起き上がることもできず、

水を飲むのもだらーんと横になったまま。

もちろんゴハンなど食べたれる状態ではなく、

動けず横になって苦しそうなまま。

その後少し落ち着いて寝たり起きたり。


朝いちで電話をくれた掛かりつけの先生は

疲れていて寝ているようなら無理に起こさずに、

起きてから連れて来た方が良いと...


お昼過ぎに診察に行った際に、

たぶん、最終手段としての手術を勧められ、

それだけ海里が危険な状態ということが良く分かり、

でも、

それなら、

前に相談した“東京”での手術をしたいと伝え、

明日以降、いくらかでも調子が上向きになったら

レントゲンを撮ってくれるようお願いして連れて帰って来ました。

この日(9日)、疲れすぎているようで、

この後も動く事はせずに、ずーっと寝ていました。


10日。

なんとか水は飲めるものの、

…飲めば咳き込みますが…

ご飯を食べようとはせず、このままでは心配なので、

夕方連れて行ってとりあえず一晩入院。

血液検査・点滴、そしてレントゲン。

そのレントゲンを診察時間が終わる頃取りに行って

すぐに“東京”へ送りました。



手術ができる気管虚脱でも、手術に行く体力はないかも知れない。

安心していた3月が悔しくて...

このまま静かに呼吸が止まってしまったら、

ずーっと後悔してしまう。



11日。 

いくらかゴハンも食べられるし、

酸素室に入れなくても静かに呼吸できているからというコトで

午後7時過ぎウチに連れて帰る。

先生のアドバイスからネオやトトから離れた所…2階で静かにさせておく。




そんな夜に東京の先生から電話を頂いて、

「手術できます。 治ります。」

もう少し快復してからというワタシに、

「そんなコトしてたら間に合わなくなります。

 15日が空いています、その日なら手術できます。」

その言葉にワタシは、

「行きます!」


12日、行きのカシオペア、帰りの飛行機を手配して、

13日の午後に出発します!


昨日から今日、あっという間のデキゴトでした。




posted by いとっち at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 海里の気管虚脱のコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

海里のこと



昨年末から「風邪?」なのかなと思うような咳が出たトコロから

始まっていたようです。


昨年暮れに皮膚のアレルギーで病院に行った際に咳のことも相談していたのですが、

その頃はまだ時々といった感じだったので、

診察中=咳とはならず、様子を見ることに...


その後とくに酷くなった様子もなく過ごしていたのですが、

1月18日にかなり苦しそうに咳き込んだ様子になり病院へ。、

レントゲンの結果は喘息というコトで注射をしてもらい、

お薬(気管支拡張剤)を出してもらって帰宅。

そこからひと月ほどはかなり落ち着き 咳 も無く過ごせていたので、

診察は受けずにお薬だけを取りに行くといった状態でした。


そして2月12日。

トトがやってきた事で興奮してしまった海里。

お昼頃からかなり、前回の時よりも、苦しそうで、

慌ててお昼休み中の病院へ。

前回と同じように注射。

そして量が増えたお薬。

落ち着いたのは次の日の午後になってから。


まさかこんな事になるとは思わずにトトを連れて来てしまって...

海里には本当にゴメンナサイと。




増量のお薬で静かに暮らしていたのに、

22日の午後にまた苦しそうな息遣いになり、

このまま夜を過ごすのは不安なので病院へ。

いつものように治療を受けてその後良くなる筈が、

ますます酷くなり、5分と空けずに咳き込む。

11時を過ぎた頃には吐くようになってしまった。

慌てて夜間診察の動物病院へ。

レントゲン・点滴・注射・そして酸素室で朝5時まで入院。


病名は『気管虚脱』

先天的なモノが原因。

『気管虚脱』は治療して治るコトは無いので薬で悪化しないようにしていくと。

23日にいつもの病院へ行ってあれこれ指示を受けて、

ステロイドを処方され、軽い発作に備えるように酸素ボンベを借りる事に。

興奮させない。 温度・湿度に気をつける。 

調子の良し悪しを見極めるため普段から舌の色をチェックする。

まずはゼーゼー・ガーガーにも慌てずに、この音にも慣れないと。



それから3日ほどは、とにかく心配で

少しの変化にも酸素室(キャリーバック)に入れたり、

病院に連絡したりとドキドキで過ごしました。

それを過ぎたここ数日は

あれこれ反省したりいろいろと調べたり。



チョロチョロと良く動いて元気な海里がすごく静かに暮らしています。

動くと苦しくなる自分の身体を理解しているようです。




posted by いとっち at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 海里の気管虚脱のコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。