足あとライン-1.gif


顔-1.gif 顔-2.gif

2007年、6歳のネオと5歳の海里にちょっと変化がありました。

ネオは軽い発作が起こるようになりました。
一番最初は6月。
息が荒くなりよだれが出て、後ろ足あたりが硬直してしまう。
この初めてを含め半年間に4回ほどの発作。
頻繁ではないし、意識が無くなることはないのでまだまだ軽い症状です。

海里は膀胱に石を発見!
レントゲン・尿検査を定期的に行うことに...
そして、今以上に石を増やさぬように、
予防食(PHコントロール)を続けていかなければなりません。



2008年はネオも海里もこれといった症状もないまま
仲良く元気に暮らしていました。
2009年2月、3匹目のワンコ・トトが来てまもなく
海里に『気管虚脱』という病気が見つかりました。
病気が見つかってからひと月ほどはとても落ち着いて、
ずーっと、このまま、
過ごして行けるような気がしていたのですが...
4月に入り悪化。  最悪の状況で東京へ。
2009年4月15日 <海里・7歳の誕生日の5日前> に
アトム動物病院米澤先生
気管虚脱 の手術をしていただきました。


足あとライン-1.gif




2009年09月11日

夢のようなお話



昨日のコト。

...でも、もしかしたら、夢見てたのかも。


午後3時頃 電話が鳴って、その声は確かに 米澤先生。

その後の元気な海里の様子をご報告していなかったから、
その事で電話をしてくださったのだと勝手にそう思ったワタシは、
海里の元気さをどんどん話して...
そしたら電話の向こうの米澤先生が 「今、石狩川の・・・」
ワタシ 「・・・・。」 「えっ?」
そして次に先生は「これからちょっと伺ってもいいかな?」(確かこんな感じだったと...)



この電話から1時間後には我が家に米澤先生が居ました。(笑)



でも、正直、この1時間が大変でした。
テスト期間で早い帰宅の次女、
トロトロとお昼寝モードだったのですが
一気に目が覚めて、二人でガ〜っと部屋の片付け。
隠さなければならない物は和室に押し込め、(ーー;)
気が付けばお茶しかないけれど、(‥;)
すでにお茶菓子など買いに出かける時間も無く
あっという間の1時間。







お仕事ではなく、奥様とお子さんと3人でご旅行。
それもたった1泊で...せっかくのお休みでしたのに、
わざわざ寄っていただいて、それもお帰りなる直前の慌しい中。
でもでも、元気な海里の姿を見ていただけて感激です。


海里を抱っこしての証拠写真。
これが無ければ今頃 “夢” と思っていたでしょう。

09-10-1.jpg





もう一枚もう一人

先生のご友人
我が家にまでお付き合いいただきまして
ありがとうございました。

09-10-2.jpg



先生が帰られてから次女が
「先生も奥さんもメチャ優しくて良い人な感じ」と。

(そうですとも。海里の命の恩人ですもの。)

動物だけでなく女子高生にも優しさが伝わるようですよ。




短い時間でしたが、お会いできて本当に嬉しかったです。
嬉しすぎて喋りすぎました...m(__)m






posted by いとっち at 21:59| Comment(15) | TrackBack(0) | SPECIALなコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお〜素晴らしい♪

自分に置き換えて・・・・
いとっちママさんの驚きとパニック∵ゞ(≧ε≦o)ぶ!
しっかりと伝わってきましたよ。

証拠写真・・・・しっかりと見せてもらいました。
Posted by mayuママ at 2009年09月12日 01:58



『木曜日の午後の衝撃』

上手く伝わりましたか?

これでも一晩かけて少し冷静になって“証拠”を再度確認して
“夢”ではなかったと納得して書きました。


先生と入れ違いに帰宅したパパさん。
外でモタモタして、なかなか入ってこないので、
(仕事の道具を片付けてたんですが...)

ワタシが玄関に行って 「ねぇねぇ、誰が来たと思う?」 と

訳の分からないパパさん、それでも素直に 「わかんない」

得意げにワタシは 「アトムの米澤先生!」

「えーーーーーーっ!!」 と期待通りの驚きっぷりのパパさん。

驚いたままのパパさんを玄関先に置き去りにして
大満足でさっさと一人で中に戻ると、

冷静な次女は 「入ってくるまで待ってられなかったんでしょ」 と一言。

とにかく誰かに言わないと現実として認められないそんな感じでした。

...と、書き出すと止まらなぁ〜い。
まだまだ興奮冷めやらぬ ワタシです。

 
Posted by いとっちママ at 2009年09月12日 08:02
いとっちママさん・・・・可愛い♪
パパさんの期待通りのリアクションもはまりました。

実は先日、手違いだったのですが
マロンの手術の報告書(例のもの)が届いていなかったのです。
そのことで連絡をさせていただいた時
先生からのお手紙が届きまして
大阪には講演会等でよくこられていること
そしてその時に「マロンちゃんにも会いたかったのですが」
そんな1文がありました。
まさかお忙しい先生だし、社交辞令と言えば失礼だけど
優しい先生なので挨拶代わりと思っていましたが・・・

いとっちママさんの今回のサプライズを読んで
「ええ〜!もしかしたら時間があれば・・・・」
そう考えると、きゃあ〜ボロ家を片付けなければって

思わず部屋の中を見渡しました∵ゞ(≧ε≦o)ぶ!

それでママさんまだ書き足りないことあったら
どんどん書いてね!


Posted by mayuママ at 2009年09月12日 21:59
え〜え〜
米澤先生がお家にきてくれたんだ〜
すごい!!!!
優しい先生・・・よほど海里ちゃんのことが気になっていたんだね
うちにも突撃で来てほしいな〜
でも・・・うちは散らかっているから大変かも・・・

いつみても優しい穏やかな顔の先生ですね〜
お休みの時も自分が手術したわんこ達の心配をしているなんて・・・
頭が下がります。

うちもいつの日か元気なチーを連れて東京に行きたいとは
思っているんですけどね・・・
Posted by チー&シフォンママ at 2009年09月13日 21:07


mayuママさんへ。

2度もワタシの大興奮にお付き合いいただきまして
ありがとうございます m(__)m 

先生のお時間・札幌の天気・ワタシが運よくウチにいたコトなど
(午前中はいつものように映画に行ってましたから...)
いろんな幸運が重なって“夢のようなお話”ができました。


札幌のラッキーよりは大阪のラッキーの方が
かなり確率が高いと思われます。
講演会等で良く行かれているというコトは
街中でバッタリ何てこともありえます。
おウチの中だけでなく、外出の際には
ドレスアップしてお出かけくださいね。






チー&シフォンママさんへ。

はい。 本当に凄いコトが起きまして
今でもまだ ( ゜_゜;) 驚いてます。

「学会の...」なんて言うお話もされていたので、
“その後”の元気な様子として海里がお役に立てるのかもしれません。

残念ながら、命の恩人の先生との再会にも
擦り寄ったりせずに、いつも通りの走って吠えての海里でしたが...

海里に代わりまして、感謝と興奮と驚きを“母”が感じています。



ワタシと海里にとって、
全てはチー&シフォンママさんのブログのおかげです。
改めて チー&シフォンママさん に感謝です。


Posted by いとっちママ at 2009年09月14日 14:13
はじめまして、私は新潟に住んでいます。愛犬(ヨーキー4才1.7キロ)が 7日前に気管虚脱と診断されました。症状は今思えばだいぶ前から出ていたのかも知れません。散歩時に 多少引っ張るから首輪が食い込み咳が出ている程度しか考えていませんでした。
それが五月くらいから酷くなり病院で診てもらいレントゲンを撮った結果 「喉の中に傷が出来たんでしょう。抗生物質を出しておきますが、小さいから治りが遅いでしょう...」と言われました。それからどんどん酷くなり....治りが遅いと言われたしなぁ...でも、段々酷くなってるような...お友達からも背中を押され再び病院へ。
それが7日前です。「手術は、お勧めしません。薬で様子をみましょう。短命であと2、3年でしょう。最後は呼吸困難になりかなり苦しみます。」と言われショックで泣いてしまいました。ゼーゼーが始まると せつなくなります。ネットで色々調べ アトム動物病院や気管虚脱を完治した子達のブログにたどり着くことが出来ました。色々聞きたいことがたくさんあります。再発や手術に関してとか 東京までの移動距離に耐えられるか不安だし...治してあげたい!!出来ることがあるならしてあげたい。という気持ちがいっぱいあるのですがとても不安です。

 
Posted by kana at 2009年09月24日 21:14
kanaさんへ。

まだまだ若い4歳のヨーキーちゃん。 
ご心配な気持ち、不安な気持ち、その気持ちのままで見守る毎日、
本当に良ーく分かります。

苦しそうなワンちゃんはもちろんですが、
見守る kanaさん の大変さも泣きたい気持ちも痛いほど分かります。


気管虚脱と診断された時の手術についての説明は
我が家の海里の時も同じでした。
先の短い命であるとも言われましたし...
本当に酷くなった時に最後の最後の手段として、
ホンの少しだけ命を延ばすために手術を考えるように言われました。

でもね。
今は本当に元気なんですよ。

JRで連れて行くこと、もちろん費用のコトなど大変なコトはありますが、
自分の中でそこをどうにかクリアして治してあげたいと思うのなら、
まずは米澤先生にご相談されるのが良いと思います。

ワタシが“手術の先輩”ご相談したときに
“悩んでいる時間がもったいないですよ”とお返事をいただきましたが、
今のワタシも kanaさん に同じ言葉で伝えたいと思います。
行くコトができるのなら、1日でも早いほうが良いと思います。

危難虚脱の手術をしてくれる先生が居るという事、
その手術で元気になったワンちゃんがいるという事、
それを知ることになったのはラッキーなコトだと思います。
一度知ってしまったら忘れることなどできないですし、
ワタシはそう思って先生にご相談しました。

こんな事しか書けませんが、 kanaさん のお役に立てれば嬉しいです。

他にも質問などあれば何度でも遠慮なく書き込んでくださいね。


Posted by いとっちママ at 2009年09月24日 22:24
お返事ありがとうございました。そうですよね。悩んでてもしょうがないし時間が勿体無いですよね。

過去ログも読ませていただきました。

「出来るならやってやらないと後で後悔する。行く気になれば東京なんて近いもの。」と書かれてましたが 同感です。


米澤先生に電話をしました。現状を話し、レントゲンをまず送り 早めに東京に行き診てもらう約束をしました。


うちの子は、麻酔が合わなく 過去に二回ほど手術中に危篤になりました。心臓も肥大しています。その事も今回手術するにあたって私は気になる点でしたが 先生が穏やかに接してくださったので
安心してお任せすることにしました。


色々と相談にのってくれてありがとうございます。そしてブログを続けていてくれてありがとうございました。とても心強かったし、参考になりました。

このブログに出会えたことに感謝いたします。

近々、東京に行ってきます。また、報告しますね。
本当に、ありがとうございました。
Posted by kana at 2009年09月25日 20:56


kanaさんへ。

良かった。
まずは一歩踏み出したのですね。

海里の経過も、この記事も読んでいただいているのなら、
米澤先生のお人柄もお分かりでしょう。
せっかくのお休み・・・旅行中にわざわざ海里に会うために
我が家まで足を運んでくれる、そんな優しい先生です。
...あっ、もう、今日お話もされているのですものね。


手術が可能な病状である事を祈っています。
可能なら...あとは先生にお任せして大丈夫です。



元気になった海里が、そしてココが、
少しでもお役に立てたのなら、こんな嬉しいコトはありません。
海里の前に手術を受けた“手術の仲間たち”の皆さんも
こんなふうに仲間が増えていく事を願ってブログを続けているのだと思います。
ワタシと同じ気持ちで...元気になることを祈ってくれていますよ。



kanaさんも、ワンちゃんも、頑張って!

札幌から祈っています。


Posted by いとっちママ at 2009年09月25日 21:40
昨日レントゲンをデジカメで撮って来てメールで送り 米澤先生に見ていただきました。早速、返信を頂き レントゲンを見た限りでは、手術可能だそうです。頸部のみだそうですが これから詳しい検査をしないとまだ断定は出来ないとおっしゃってました。

一番気になる麻酔ですが、こちらの先生と連絡を取り 万全で望みたいとおっしゃってくれました。


10月4日に東京に行くことに決めました。その日は、学会があり朝から先生は不在みたいですが、お昼過ぎには戻られるみたいで 3時半に診てもらえる事になりました。場合によっては、翌日手術可能とまで言ってくれました。あまりにもトントン拍子で話が進み びっくりです。
これも、いとっちママさんのおかげです。背中を押してくれてありがとうございます。


若い時は、東京にいましたが もう離れてだいぶ経ちます。正直、無事目的地まで着けるか不安なのと 新幹線で行くため クレートの中でおとなしくしてられるか 凄く不安です。 「出してー、出してー」とクレートをガリガリし 興奮して ガーガーが酷くなりそうで不安です。それに、他の乗客の方もいるし....
抱っこしてると静かに寝てくれるのですが 新幹線の中で出すわけにもいかず....。
主人は、11日まで待てば 車で行ってあげると言うのですが 私は少しでも早い方がいいかな....と思い....。新幹線で東京に着いても乗り換えて電車ですよね....海里ちゃんは、道中どうでしたか?


着実に前に進んでいってるのが わかります。米澤先生に逢える、診てもらえる!これでやっと、リュウを楽にしてあげれる...
 

うちにはもう一匹 ワンがいてトイプーで一歳になったばかりの子です。まだ遊びたい盛りで すぐリュウ(ヨーキー)に飛び掛っていく為 リュウが興奮しガーガーがひどくなり 私に叱られます。
天気がイマイチで風が強かったり、逆に暑かったりすると リュウだけ置いて 散歩に行きます。でも、リュウも一緒に連れて行って欲しいらしく ガーガー言いながら玄関先まで出て お座りをして待っている姿を見ると泣けてきます。
調子がいいときは、抱っこして 一緒に行くときもあります。
両犬とも、凄く我慢させてるとこがあるので リュウが治ったらしたいことをさせてあげたいです。



Posted by kana at 2009年09月27日 19:09


kanaさんへ。

踏み出した一歩が着実に、確実なものになっているようですね。

海里とワタシがそのきっかけになれているとしたらそれはとても嬉しいですけど...
やっぱり、最後は先生の優しく力強い言葉とkanaさんの決断。

でもその決断は正しいとキッパリ言えます。

ワタシも米澤先生に「大丈夫、手術できますよ」と言われた途端に決心が付いて
東京をグン近くに、かなり札幌寄りに引き寄せた感じになってました。
確かにいろいろ大変だけど、思っていたより東京は近いです。

海里のときも米澤先生にご相談してレントゲンを見ていただいてからは
驚くほどにスイスイと決まって、気が付いたら東京に向っていましたから。


たとえ時間が経っていてもkanaさんは東京をご存知なのですね。
それなら大丈夫! 全く知らないワタシがたどり着いたのですから。

...とは言ってもリュウちゃんが心配なのは良く分かります。
ウチの場合、札幌を夕方発って夜通しの移動でしたが個室でしたので、
キャリーケースから出してやれたのでかなり楽に行けました。
・・・って言うより調子が悪くて興奮して騒ぐほどの元気が無かったという感じですが、
その分急な変化に対応できるように酸素ボンベ・安定剤を持っての移動でした。

上野から山手線での移動が人も多くざわざわとしていてドキドキでした。
それでも、そう長い時間では無いのでキャリーケースの中の海里に話しかけたりしながら、
海里を落ち着かせるというよりは自分が落ち着くために「もうすぐ着くよ」なんて感じで。


他にワンちゃんがいると、ましてその子が子供だと、
苦しい子も元気な子も辛いですよね。
ウチもそうでした。
暫くは新しいオモチャも与えず、お散歩もお休み。
そうしているうちにどんどん海里が静かになって、
苦しいせいもあるけれど、「これはデキナイ」と諦めているようで。


10月4日に東京で米澤先生に診ていただいた結果が
良いものでありますように、強く願っています。


もう少し日数がありますから、
どんな小さなことでも遠慮なく聞いてください。
海里とワタシの場合のいろんなコトは何でもお答えしますから。


Posted by いとっちママ at 2009年09月28日 00:10
行って来ましたアトム動物病院へ!! 家からの電車ですでにガーガーが酷く 新幹線乗るまでの間 キャリーバッグから出し抱っこしてたんですが 落ち着かず その状態で新幹線に乗りました。いったん座席に座ったのですが、ガーガーが響き 皆さんの目が冷たくとても居ずらかったので デッキに二時間立ってました。
水も飲まないし、好きなささ身も食べないし 私は寝てくれるかな...と安易に考えていたので 大変焦りました。
途中から ほんとはいけないんだろうけど 少しは落ち着いてくれるかなと思い、バッグから出し抱っこしてました。係りの人や降りる人がくると あわててバッグに入れる。というのを繰り返してました。抱っこしてても ずっとガーガーは続きよだれはたれるし 目的地まで かなり遠く感じました。

池袋までの電車内でもガーガーは続き皆からはジロジロ見られ 「何はいってるのー?」とのぞきに来る人や「えーーー、犬?声へんじゃない?」と言われたり...病気の事を伝え 新潟からこちらの先生に診てもらい治してあげたいために来たと伝えると 一人の方が
「どこで降りるの?池袋で乗り換え?私が案内してあげる!」とおっしゃってくださり迷うことなくアトム動物病院につけました。「ガンバってねー!!」とリュウに声をかけてくれる人もいました。

その方も以前犬を飼われていたそうで 11才の時病気で亡くなったそうです。犬を飼ってる人に悪い人はいないなぁとつくづく思うし、犬を飼ってる人ってたとえ犬種が違っても、初対面の人でも色々話せるんですよね。

アトム動物病院を見て 私が想像していたのと違いこじんまりしていたのにはびっくりしました。
受付に米澤先生がいらっしゃって「道中大変だったでしょう。お疲れ様でした。もう、大丈夫ですよ。」とおっしゃってくれ 新幹線の中や電車内での事、一言も話してないのに まるでみていたかのように話され 思わず私の中での緊張や気を張ってた部分が解きほぐれ 涙が出て来ました。正直、あれだけガーガーが酷く続いていたのにもかかわらず私の勝手な判断で新幹線に乗せてしまいリュウに苦しい思いをさせてしまい、やはり一週間遅らせて 主人の車で来たほうが リュウにとって良かったんではないか後悔していたんです。


色々な検査をし手術は明日の一時半からしてもらえる事になりました。やはり、麻酔には最新の注意を払わなければいけないとおっしゃってました。

でも、帰り際 私の中になにも確信も無いのになぜか大丈夫だ!という気持ちがあり不安もなく 普通にリュウにバイバイが出来ました。
それもきっと米澤先生の人柄ですね。


米澤先生に「家族旅行でもなんでもいいので、新潟に来た時は 海里ちゃんちみたいに寄ってくださいね。」と言うと「えーー、なんで知ってるのー?」と笑っておっしゃり 海里ちゃんのブログから勇気を貰い今回決断したことやアトム動物病院で気管虚脱の手術をされた方たちがブログで色んなこと伝えてくれてるという事。そして、アトム動物病院にめぐり合わせてくれたことを伝えました。

いとっちママさん、ほんと相談にのっていただいてありがとうございました。
明日の結果はまた明日の夜報告しますね。
Posted by kana at 2009年10月04日 23:16

kanaさんへ。

そろそろ手術が終わる頃ですね。
麻酔のコトがあるので、ワタシよりちょっとだけ“心配”が
大きいですね。

たどり着くまでずいぶんと大変だったようですが、
それを吹き飛ばすほどの良い結果である事を願っています。





Posted by いとっちママ at 2009年10月05日 14:56
夕方無事手術が成功したと先生から電話を貰いました。
思った以上にひどい状態で 思ったほど時間がかかりてこずったと話されました。麻酔の方は、細心の注意をはらってくれながらしてくださったみたいで大丈夫だったそうです。
18日に、迎えに行ってきます。
先生方に感謝すると共に頑張ったリュウを褒めてあげたいです。
Posted by kana at 2009年10月05日 21:18

kanaさんへ。

無事に手術が終わって、
本当に良かったですね。

時間が掛かったようで、先生もリュウちゃんも
大変だったと思いますけど、
退院の日がハッキリ見えているのですから、
もう大丈夫!
本当に良かった。

退院までは何度か電話で様子を聞いていましたが、
手術の数日後には、「元気ですよ」
「ちゃんとゴハンも食べてますよ」と、
フツーの生活の様子になりますから、
そこからはさほど電話もせずに居ました。(笑)

リュウちゃんもしっかり呼吸ができて、
美味しくゴハンが食べられるようになりますよ。


kanaさんが書かれていたように、
不安ばかりの東京への長い道のりが
先生にお会いした瞬間にふーっと消えて、
お預けして帰るときには少しの不安もありませんでした。
米澤マジックですかね。



今回の手術に少しでも海里がお役に立てたなら
本当に本当に嬉しいです。

お忙しい中、ご報告いただきまして
本当にありがとうございます。

退院のご報告も頂けたら、更に嬉しいです。

kanaさんもお疲れ様でした。


Posted by いとっちママ at 2009年10月06日 07:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。